中古マンションで叶えるマイホーム【理想の物件を見つける方法】

資産価値の高いものを

不動産

大阪でマンションを購入するのであれば、資産価値をキープしやすい中古マンションを購入しましょう。また、近くに新しいマンションが建ちそうにないところ、あるいは今後再開発が進むところを選ぶと資産価値を確保できます。

もっと読む

リフォームして住む

不動産

できるだけ安く理想の部屋に住みたいのであれば、中古マンションを購入しましょう。大阪には多くの中古マンションがあるので、安くよい物件を購入し、あとからリフォームやリノベーションで理想の内装にすることができます。

もっと読む

水まわりに注意

不動産

大阪で中古マンションを購入し、あとからリフォームすることを考えているのなら、水まわりには注意が必要です。水まわりのリフォームは共有スペースに引っかかるケースもあるため、事前の確認が大切となります。

もっと読む

安く購入する物件

今の時代のトレンドは

不動産

中古マンションの販売数が伸びている理由は、新築マンションよりも購入金額が低いからです。安くで中古マンションを購入し、リフォームしてきれいな住まいに変化させることが、今の時代のトレンドと言われています。 マンションの専有部分を全て造り直すことを、一般的にスケルトンリフォームと言います。壁や床だけでなく、配管や設備も全て撤去して、コンクリートの躯体だけの状態にすることから、スケルトンと言われるようになりました。 しかし、中古マンションを安くで購入して全面リフォームをする場合、床面積が60平方メートルで700万円から800万円程度必要になります。建物の購入価格と合わせて資金計画をしっかりやる必要があります。

管理規約を知っておくこと

中古マンションを全面リフォームする際は、とにかく管理規約を熟知しておくことです。マンションでリフォームできるところは、専有部分のみと言うことはほとんどの人が理解しています。しかし、どこまでが専有部分かを詳細に知っている人は少ないです。専有部分と思っていたところが、共用部分であったために、その場所をリフォームすることができなかったと言うケースもあります。しかし、管理規約を熟知しておけば、そうした心配もありません。 ですが、管理規約を読んでも意味が分からないと言う人も多いです。法律などが絡んでくので仕方がありません。それなら、マンションを管理している人に直接聞いてみましょう。その方が早く理解できます。

↑ PAGE TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加